生命保険

民間の保険で、生命や傷病の際に決められた額が給付される保険です。

資産形成 上流社会 

生命保険による節税と相続対策

生命保険における節税効果の中に、相続税の低減効果があります。相続税の最高税率は日本の場合は55%です。多くの人にとって、今現在は相続税はかかわりがないのかもしれません。しかし、身内や知り合いに資産家がいる場合に、相続に関する知識は必要です。相談に乗ることで信頼を得ることことができたり、トラブルの回避になったりします。
資産形成 上流社会 

生命保険による節税と資産形成

生命保険にはもともと公的な保障の補完という性質があります。そのため税制面で優遇された合法的な節税方法があります。また、生命保険の特徴として保険会社が決めた条件(時期と金額)で、現金で返金されることが可能です。ここでは、生命保険の節税効果と資産形成について見ていきます。
資産形成 上流社会 

自分のための生命保険(障害状態と老後の備え)

自分のための生命保険を考えてみます。主に二つあります。自分が障害状態になり、働けなくなったときの保険と、老後の備えです、
資産形成 上流社会 

いざというときの必要保障額の考え方

生命保険の見直しにあたって、自分にどのくらいの保障が必要なのかを検討します。必要保障額(生命保険の被保険者が必要な死亡保険金額)は、被保険者の環境によって違います。また遺族にどのくらい残したいのか、必要なのか、生活水準をどうするのかといった価値観や夫婦間の話し合いも重要な要素です。
資産形成 上流社会 

公的な保障と生命保険について

勧められるままに生命保険に加入するのではなく、公的な保障を踏まえて無駄なく、自分に合った保険を選択するポイントについてお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました