2020-08

資産形成 上流社会 

退職金のメリットと留意点、準備の方法

節税の中でもっとも効果が高い方法の一つは、退職金です。退職金は税法上でも、社会通念上でも、事業や会社が生み出した所得を個人に還元するうえで、優遇を認められています。そしてもう一つは、長年、事業や社会に貢献してきたことに対する慰労です。本原稿では、退職金についてのメリットと留意点、準備の方法について書いていきます。
営業 事業企画

事業のステージと人材による競争力強化

起業するために具体的に行動します。そして、起業した事業を継続していきますが、ここでは、起業後の事業のステージと、事業が成長していくため必要なことについて書いていきます。
営業 事業企画

起業のポイント(実践とリスク管理)

起業を検討し進めていくうえで、その魅力、成功する確率について説明します。また起業の実践の方法や、リスク管理の在り方ついて書いていきます。
人事 キャリア

ビジネスパーソンスキル 給与をあげる方法  

自分の給与を上げたい。これは、会社員であれば誰しも思うことでしょう。では具体的にどうすればよいのか、気を付けるべきポイントは何なのか、人事コンサルタントとして経験から知見を書いていきます。
資産形成 上流社会 

生命保険による節税と相続対策

生命保険における節税効果の中に、相続税の低減効果があります。相続税の最高税率は日本の場合は55%です。多くの人にとって、今現在は相続税はかかわりがないのかもしれません。しかし、身内や知り合いに資産家がいる場合に、相続に関する知識は必要です。相談に乗ることで信頼を得ることことができたり、トラブルの回避になったりします。
資産形成 上流社会 

生命保険による節税と資産形成

生命保険にはもともと公的な保障の補完という性質があります。そのため税制面で優遇された合法的な節税方法があります。また、生命保険の特徴として保険会社が決めた条件(時期と金額)で、現金で返金されることが可能です。ここでは、生命保険の節税効果と資産形成について見ていきます。
資産形成 上流社会 

自分のための生命保険(障害状態と老後の備え)

自分のための生命保険を考えてみます。主に二つあります。自分が障害状態になり、働けなくなったときの保険と、老後の備えです、
資産形成 上流社会 

生命保険選択のポイント(必要保障額を考える)

生命保険の見直しにあたって、自分にどのくらいの保障が必要なのかを検討します。必要保障額(生命保険の被保険者が必要な死亡保険金額)は、被保険者の環境によって違います。また遺族にどのくらい残したいのか、必要なのか、生活水準をどうするのかといった価値観や夫婦間の話し合いも重要な要素です。
資産形成 上流社会 

生命保険選択のポイント(公的な保障を考える)

勧められるままに生命保険に加入するのではなく、公的な保障を踏まえて無駄なく、自分に合った保険を選択するポイントについてお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました