人事 キャリア

人事 キャリア人事 キャリア

ビジネスパーソンのキャリアプランと、組織人事制度との融合から、生き生きと働ける社会を目指します。

人事 キャリア

キャリアアンカー 人生の選択(診断、注意点、組織活用、使命)

キャリアアンカーは、人生の選択の上で「絶対に譲れない働き方」です。重要な意思決定に影響を与え続ける人生観です。採用、配置、異動などの場面に活用できます。社内で共有し、強みを生かしあうことで、社員エンゲージメント(忠誠心)向上や組織人材の成長につなげることができます。
人事 キャリア

アクティブラーニング(目的、歴史、メリット)会社・組織活用事例

アクティブラーニングとは、学習者が能動的(active)に、グループディスカッション、グループワーク、ディベートなど実際の業務手法を取り入れて、自発的に提示された問題に対して考え、意見を交換し、問題解決の手法を導き出して、学習(learning)する方法です。
人事 キャリア

リカレント教育とは(人生100年時代の循環教育、人材と組織の成長)

リカレント教育とは、学校教育を終えた後もなお、繰り返しキャリアアップの生涯教育を行うことです。学びの姿勢を持ちづづけることは、組織人材面において極めて高い価値をもたらします。組織人材が未来に向かって成長し続けるためのリカレント教育の目的、事例や仕組みについて考案します。
人事 キャリア

人財採用とは(会社の視点・応募者の視点・マッチングと育成方法)

人財採用とは、事業主であれば、どのような人を採用するかは、会社経営の生命線です。応募者からみると、どの職業で、どの会社で勤めるかは、人生における重要な選択と決断です。 仕事を通じて自己実現を行い周囲や社会に貢献します。また職場を通じ...
人事 キャリア

退職金制度とは(退職金規程)作成と中小企業の事例、社員忠誠心

退職金制度(退職金規程)とは、従業員の長期的な会社に対する忠誠心をえるためには有効な手段ですす。本原稿では退職金制度(退職金規程)の作成方法と、留意すべきポイントについて記載していきます。
人事 キャリア

中小企業診断士とは 資格の価値、合格率、転職、独立開業の実態

中小企業診断士の取得者として、そして中小企業診断士として独立開業した経験から、資格の意義と実態について、書いていきます。中小企業の経営課題の診断・助言を行う専門家という位置づけです。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します
人事 キャリア

経営幹部の育成方法と役割、必要とされる能力・行動・コンピテンシー

経営幹部の育成は、企業経営の根幹です。これまでのコンサルティングの経験から、経営幹部のあるべき姿、求められる能力や行動、コンピテンシー(優れた方の行動特性)と、その育成方法について、述べていきます。経営トップ一人でできることは限られています。
人事 キャリア

クリティカルシンキングとは 事例と日本の経済相対的地位向上へ

クリティカルシンキングは、当然のように見えた前提条件や常識を「本当なのか」「なぜなのか」「どうしてか」といった客観的な目線で本質を見極めます。環境の変動が激しく、先が見えない現在、過去の成功体験が通用しない場合が多くなっています。
人事 キャリア

ファシリテーション技術によるビジネス会議の効率化とアイスブレーク

ファシリテーション技術は、会議などの人の集まる場で、前向きな発言を促し、参加者の合意や相互理解を形成して、組織を活性化させるリーダーシップのひとつです。先進国の中で、日本は生産性低い理由の一つに非効率な会議があります。
人事 キャリア

市場の高い人材とは(人材育成と個人の価値観であるやりがいの融合)

市場価値の高い人材とは、自らでビジネスの価値を生み出せる人材です。会社や組織から離れても、人脈やスキルをもって稼ぐことができる人材です。転職活動をしても、即戦力として高い年収の提示を受けることができる人材です。人材の市場価値を高めるためには、鍛錬と動機付けが必要です。
タイトルとURLをコピーしました