ユーザーの声(事業承継に伴う、人事制度構築と組織風土改善研修ファシリテーション)

人事 キャリア

今回の記事は、実際に私が支援さし上げたお客様の声を掲載します。こちらお客様については、社長交代に伴う人事評価制度再構築支援と、組織風土改善研修(ワールドカフェ)を行いました。

株式会社バルテック 代表取締役 谷野 砂矢香様


 当社は、アットホームな会社で、コミュニケーションが取りやすい環境にあります。
しかし、「言った」「聞いてない」という事象は起こるもので、
 日ごろから報連相などのコミュニケーションに課題を感じていました。
このたび、以前人事制度構築にご協力いただいた経営コンサルタントの大草氏の提案で、「組織風土改善研修」を実施しました。
 正直、効果はすぐには現れないだろうという気持ちでありましたが、まずは、社員同士がフラットに話せる場を提供し、何か1つでも気づきがあればとの思いでした。
 新入社員を含め、主任以下で参加し、当初は「なんでこんなことしないといけないのか」という顔が見られましたが、ワールドカフェ形式で組織風土改善の討論の際は、和気あいあいと討論がなされ、最後は、役員の前で自らの仕事の役割を各々発表し、お互いに「思いやり」を持つことの重要性について、社員が自発的に認識を深めることができたように思います。今後は、自らが宣言した内容や、組織風土改善に必要だと社員が考えた内容を具体的行動に起こせるよう、指導していきたいと思います。

※本内容掲載は、谷野社長の許可を得ております。

 ユーザー会社概要

会社名 :株式会社バルテック: http://www.valtech.to/
代表者 :谷野 砂矢香 設立:昭和42年(1967年)4月
資本金:30,000,000円  所在地 ・本社 
〒536-0011 大阪市城東区放出西1丁目7番4号
・加工 配送センター 
〒669-1341 兵庫県三田市西相野845番地
事業:1.鋼材の加工および販売2.前号に付帯する一切の業務
経営理念:私たちは、金属素材の価値を探求し、優れた製品とサービスを通じて、ものづくり社会に貢献します。

人事制度改革について

谷野砂矢香社長は、2代目の社長です。先代社長からのご相談で、社長交代の時期にあたって人事制度再構築の支援を行うことになりました。

3つのポイントがありました。

1つ目は先代社長の手作りで作成されたジョブグレード制度の再構築です。経営理念・基本方針・行動理念への理解評価など、引き継いでいきたい部分は残しました。そのうえで、生産部、営業部、管理部の職種別の評価項目を再構築しました。プロフェッショナルステージを新設し、マネジメント職とは分けた、生産技術の専門性を評価するようにしたのは、谷野社長(当時は常務)の意向によるものです。

2つ目は、短期業績評価(賞与評価)と、中長期ジョブグレード評価(昇給昇格)の切り分けです。短期業績評価は、会社総合と担当業績評価の組み合わせと、柔軟に記述できるように、フリーフォーマットで役割、成果、行動などを記載し100%で数値評価を行うようにしました。

中長期ジョブグレード評価は、5段階評価にする会社も多いですが、よかった、よくなかったことを明確化するために3段階評価にしています。

3つ目は、人材の育成と業績の因果関係の整理です。情意(姿勢)→知識・能力→行動→成果→業績と個人の成長のステップと行動が、会社業績につながるようしました。

人事制度改革導入は社長交代に先立って行われました。新社長の方針を周知させるうえでも、スムーズな事業承継に役立つことができたとお聞きしています。

組織風土改善研修

人事制度改革のあと、数年が経過しました。訪問した際に社員間のコミュニケーションをもっと良くしたいという谷野社長の思いを受けて、組織風土改善研修を行いました。

二つの方向をもって実施しました。

一つ目は経営理念と基本方針・経営姿勢、行動理念の浸透です。職業における理念、ミッション(使命)、役割についてブレーンストーミング形式でディスカッションを行い、発表していただきました。人事制度改革においても経営理念浸透を重視されていましたので、その補完と再確認です。

二つ目は、他部門との連携を強化し、業務のレベルの向上をはかるというテーマです。ワールドカフェ形式で全員での意見交換と、意識の共有化をはかりました。事前に報連相研修をおこない、コミュニケーションの重要性の再確認を行いました。そのためもあり、ワールドカフェは、活発に意見が出ました。最後にはまとめのプレゼン行いました。そして参加者一人一人、これからの自分の役割について全役員の前で発表を行っていただきました。

組織風土改善研修は、前回の人事制度改革から3年経過してから研修を行いました。研修の効果はなかなかすぐに表れにくいものです。今は研修後2年近くたちましたが、研修の効果はあったと谷野社長はじめ複数の方からお聞きすることができました。

ブレーンストーミングとワールドカフェのファシリテーションについては、下記投稿もご参考ください。

まとめ

株式会社バルテック様は、先代社長から経営理念を重視されていました。経営理念の浸透は進んでいましたが、その精神は2代目谷野社長に引き継がれ、そして独自の方針も出されて経営されています。人事制度改革においても、組織風土改善研修においても、社員の成長を願う谷野社長の思いの実現を実感しています。社業は確かなあゆみを続けてこられました。これからも発展されることを信じております。

プロフィール
顧客志向研究所

経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士です。
上場企業経営者から、中小企業、個人事業主に至るまで、数百の経営者の相談業務、ファシリテーション、社員教育の実績
中立的な立場で、課題解決に役に立つ情報提供を行うことを理念としてます。

そのほかの主な経歴
・外資系生命保険株式会社に在籍し、顧客課題のヒアリングから法人契約営業近畿地区2位(キングオブキングス賞)
MDRT(全世界74か国生命保険営業上位1%の成績基準達成)

・上場直前ベンチャー企業にて採用人事企画の経験

・上場コンサルティング会社での営業経験

・経営改善計画の策定経験(信用保証協会 バンクミーティング)
営業人材育成・人事分野から事業計画策定を得意としています。

顧客志向経営研究所をフォローする
人事 キャリア
顧客志向経営研究所をフォローする
トップ営業による課題解決(中小企業診断士の観点から)

コメント

タイトルとURLをコピーしました