次世代キャリアアップとあるべき組織

人事 キャリア

AIがトップ囲碁プロに勝ち、文章でさえ自動生成される時代がきました。情報通信技術の発展により、一瞬で情報は全世界に拡散されます。

産業の流行り廃りのスピードも加速され、未来予測が難しい中で、一生働ける市場価値のあるスキルの選択は混沌としています。

この記事では、情報と技術の進歩が加速しているこれからの時代において、次世代に必要とされるビジネスパーソンのキャリアップとあるべき組織について考察します。

キャリアアップの考え方

研究開発

研究開発については、ビジネスの世界で活躍するためには、以下の技術があります。

成長分野技術

AIやIoT、ドローン技術などの時流に乗った成長分野です。現在盛んにもてはやされる分野であっても、10年、20年後を見通すのは容易ではありません。ただし、技術の本質を理解していれば、あたらしい技術が登場しても対応することができます。

基盤技術

素材技術や機械制御など産業の基盤技術です。廃れることなく活用され続ける技術です。

付加価値技術

個別の企業の強みを支える技術です。これは業界や個別の企業によって多様なものがあります。

研究開発については、最先端であればビジネスの世界で活躍できなくても、大学などの研究機関に所属して生計を立てることができます。

業務遂行力

ビジネスを推進するうえで必要なスキルを業務遂行力といいます。以下のものがあげられます。

企画調整力

企画を立案し、関係個所と調整し、実行に移す力です。企画とは販売促進企画などの社内業務、業務改善などの部門横断プロジェクト、新商品開発などの事業企画、業務提携などの社外プロジェクトを意味します。範囲が広く影響力が大きいものになればなるほど、難易度や必要とされる業務遂行力が高くなります。

人脈構築力

コミュニケーション能力を磨き、良好な対人関係を広げます。人脈は時間をかけて信頼関係を築きあげるため、総合的な人間力が必要とされます。関係づくりをする相手の見きわめも大事です。要素は、誠実さ、人間観察力、傾聴のスキル、プレゼンテーション力、心配りなどのビジネスマナーがあります。

業務知識

業務を遂行するうえで必要な知識です。人事労務であれば、労働基準法や判例、経理であれば会計知識です。法務であれば関連法令、営業やマーケティング、商品企画であれば、市場や業界知識です。

取り組み姿勢

社会人として、仕事に対する姿勢です。

人材の姿勢レベル(筆者作成)

人罪

不平不満は組織全体に悪影響を及ぼします。完全な職場はありません。どのような環境であっても、自らの手で切り開く前向きな姿勢がビジネスパーソンとして大事です。指示された仕事だけどころか、指示された仕事さえも満足にできない場合があります。

その他の姿勢レベルが高くても、不平不満があり人罪的レベルにとどまっている場合もあります。

プレイヤー

一定の範囲の仕事については、安心して任せられるレベルです。細かく指示しなくても、過去の経験や工夫をもって業務を完成させます。

ビジネスパーソン

このレベルから、プロ意識を持ったのビジネスパーソンといえます。指示された以上の成果を出そうとする姿勢です。

マネジメント・エキスパート

後進の見本となります。自分の役割を自覚し、主体的に行動することで組織をけん引します。

ビジネスメーカー

組織にゆるぎない忠誠心をもって、革新的な業務や事業を創出します。自らの行動で付加価値の高い組織を創造します。ここからは役員レベルです。

ビジネスメーカーに組織への忠誠心が足りなければ、退職し独立します。組織を成長させるためには、ビジネスメーカーを発掘し組織に貢献してもらう必要があります。処遇、ビジョンの共有化、心づかいと経営者の手腕が大事なところです。

レベルがあがればあがるほど、自律性や主体性、創造性に優れている姿勢です。根柢のあるのは、仕事に対する目的、役割への自覚、使命感です。

あるべき人材と組織

人は一人では生きていけません。組織や社会の中での自分を見出していく必要があります。キャリアップも組織と社会全体での立ち位置から考えていきます。

組織の進化(筆者作成)

個人最適

事業であればワンマン経営です。事業主だけの都合が優先されているレベルから、統率の取れた組織まであります。事業主が判断に誤りがなく健在な期間だけ存続します。

部門最適

メンバーに自発性は動機付けがされており、チームとしての機能が果たされています。会社全体の視点が乏しい状態で、部門間の対立が起こりがちです。多くの企業や組織で見られます。

全社最適

トップや幹部の連携が取れています。理念やビジョンが組織に浸透しており、異なる個性の集団が、同じ方向を目指して切磋琢磨できている組織です。このレベルまで来ると、環境の変化に対応して組織が継続していきます。

社会最適

組織が社会的使命をもっており、貢献しています。社会的役割があり、必要とされる組織です。メンバーは、組織人として教育されることを通じて、社会人として成長していきます。人材の育成機関としての役割果たしている組織です。姿や形が変わることがあっても、社会的使命がある限り、組織は永続します。

まとめ

次世代のキャリアップにおいても、技術については本質的な理解が重要です、技術の潮流に変動があっても、本質を理解していれば、時代に対応していくことが可能です。

需要の高い技術は時代によって変動しますが、突き抜けた力を持てば技術の価値は普遍的なものになります。

組織の中の人材という切り口で見ると、社会における組織と人材の立ち位置を見る必要があります。社会に貢献して必要とされる人材と組織が、次世代のキャリアアップの根底にある価値であり姿勢なのです。

プロフィール
顧客志向研究所
顧客志向経営研究所

経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士です。
上場企業経営者から、中小企業、個人事業主に至るまで、数百の経営者の相談業務、ファシリテーション、社員教育の実績があります。
中立的な立場で、課題解決に役に立つ情報提供を行うことを理念としてます。

そのほかの主な経歴
・外資系生命保険株式会社に在籍し、顧客課題のヒアリングから法人契約営業近畿地区2位(キングオブキングス賞)

・MDRT(全世界74か国生命保険営業上位1%の成績基準達成)

・上場直前ベンチャー企業にて採用人事企画の経験

・上場コンサルティング会社での営業経験

・経営改善計画の策定経験(信用保証協会 バンクミーティング)

営業人材育成・人事分野から事業計画策定を得意としています。

顧客志向経営研究所をフォローする
人事 キャリア
顧客志向経営研究所をフォローする
トップ営業による課題解決(中小企業診断士の観点から)

コメント

タイトルとURLをコピーしました